読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意味に逃げないということ

浅田真央が引退した。彼女の言葉づかいは最後の最後まで素朴で、とても率直だった。その引退会見で行われたやりとりをみて、友達の一人が「なんてバカな質問をする記者なんだ!」と憤っていた。

まあ確かにバカな質問かもしれないんだけど、ぼくとしては全否定する気にはなれなかった。

そもそも「送り出す質問」ってなんなんだろうと思った。さらには、こうした引退表明も含めて、アスリートがメディア(を通じて世間)とコミュニケーションをとる動機や理由ってなんなんだろうと思った。

言葉を選ばずに言えば、アマチュアアスリートなら特にそうだけれど、一個人として必死に努力して競技に取り組んでいるだけなのに、何の関係もない赤の他人たちから、なんでああだこうだと言われなければならないのか。

ファンから力をもらうってこともそりゃああるだろうし、公人としての責務とかって話も理屈では分からないでもないのだけれど、それだけでは納得できない何かがある。

そんなことを考えてすごくモヤモヤした気持ちにさせられていたら、SNSのTLに為末大さんのコラムが流れてきて、なんだかすごくスッキリさせてもらったのだった。

スポーツ選手に限らず、たいていの人は好きとか楽しいとかっていう内的な動機で何かを始める。そこから、昨日できなかったことが今日できるようになることに喜びを感じ、訓練を苦とも思わずに重ねて、上達していく。

でもある時から、そのことに価値があると見出した周りの人間がああだこうだと口を出し始め、いつしかそのこと自体を楽しめなくなっている自分が残る。みたいなことが世の中にはありふれている気がする。

オリンピックとかは特にそうで。「国民の期待を背負って」とか、「感動と夢をありがとう」とかって、一体なんなんだろう。

f:id:kincsem629:20170414182155j:image

全然関係のない話のように聞こえるかもしれないけれど、ぼくはフリーランスとして働く上で、仕事の依頼を受けるかどうかは、「何のためにそれをやるのか」という視点で決める(エラそうですみません)。

依頼してきた会社は、なぜそのプロジェクトをやるのか。ぼくがそれを手伝うことの意味は何か。その結果、世の中がよくなることにどう寄与するのか……

でも先日、ある取材の現場で「意味に逃げるな」という話をされて、ハッとさせられたんだよね。

新卒として会社に入ったばかりの若い人とかは、特にそうだと思うんだけど、自分が任せられる仕事が、必ずしも自分のやりたいことと合致しているとは限らない。往々にして、すごく退屈な単純作業を課せられたりする。

そんな時、人はこう思うはずだ。「これをやることに何の意味があるのか?」と。

でも多くの場合、自分のやりたいことや会社のビジョンから、目の前のタスクまでをブレイクダウンする作業は非常に難しい。自分ではもちろん、上司だってそれを完璧にできることばかりではないだろう。しかしそこがうまくいかないことに対して腐ったり、途中で投げ出したりすると、その人の成長は残念ながら止まってしまう。

成長する人は、そこで意味に逃げないんだと思う。目の前のタスクをいかに楽しめるかを考え、その中での小さな改善のサイクルを設定する。言い方を変えるなら、どんなにつまらなそうに見える仕事にもちゃんと没頭できる。だから成長する(四角大輔さんはそれを指してアーティストモードと呼んでいた)。

そうしてなにがしかの一流(どこまで行ったら一流かはさておき)になった時に初めて、自分は社会に対してどんな価値を提供するのかと、意味を考える資格を得るのだと思う。

翻ってぼくはどうだろうか。間違っても「もうなにがしかの一流です」なんて言えない。もっと成長したいと思うなら、意味に逃げずに、仕事を選ばずに、まだまだがむしゃらに働くべきなのかもしれないな。